Kawachinagano Dental Association

南河内圏域 障がい児(者)歯科診療

南河内6地区共同の障がい児(者)歯科診療

河内長野市他5市2町1村が共同で、南河内の6歯科医師会の協力のもと、河内長野市立休日急病診療所で南河内圏域 障がい児(者)歯科診療を行っています。

南河内圏域 障がい児(者)歯科診療

場所 河内長野市菊水町2-13休日急病診療所 歯科診療室
診療日 毎週木曜日
診療時間 13:00~17:00
申込 河内長野市立保健センター(0721-55-0301)へ「障がい者歯科診療の予約で」とお伝えください。

申込受付時間:平日 9:00~17:00
実施内容 地域の歯科診療所において診療が困難な障がい児(者)の歯科治療・口腔衛生指導など全般
詳細 南河内圏域 障がい児(者)歯科診療のページをご覧ください。

南河内圏域 障がい児(者)歯科診療 開始にあたってのご挨拶(平成20年10月2日)

syougai_sika_001 syougai_sika_003
 本日、ここに南河内9市町村が一体となって、その設立に努力してこられた「障がい児(者)歯科診療所」が無事開設されることはわれわれ歯科医師会会員にとっても無上の喜びであります。遡りますに、阪南中央病院の障がい者歯科が閉院し、この広い南河内に拠点となる障がい者歯科が一つもない異常事態が起こりました。

 南大阪に比較して北大阪には拠点となる医療施設が多数存在し、大阪府における南北問題になっておりました。もちろん、障がい者歯科も例外ではありません。そういった状態をそのまま放置しておくことは、われわれのみならず、第三者から見てもまことに由々しき事態であり、現に、大阪府歯科医師会の岡会長から早急に障がい者歯科を南河内に作ることを要請されました。

 その後、南河内6つの歯科医師会会長が集い南河内に障がい者歯科を作るという目標を定め、それを実現するために9つの市町村にも働きかけます。当初、実現が不可能とも思われた障がい者歯科ですが粘り強い交渉と協議により、最終的にここ河内長野市立休日急病診療所にて開設する運びとなりました。

 こういった複数の自治体と、複数の歯科医師会が一緒になって、障がい者歯科開設という一つの目標を達成することは、机上では簡単にできても、それぞれの思惑が違う以上、その実現は大変な困難を伴います。

 それが、こうやって一つの現実の形となって障がい者歯科が出来上がったことは関係者各位の努力と忍耐に尽きると思います。

 平成20年10月2日。この日が我々のゴールではなく、一つの通過点に過ぎないことを自覚すべきであり、我々にはゴールというものはないことも自覚すべきでしょう。我々がこの障がい者歯科を支えていかなければ頓挫するのは目に見えています。今までと同様にこれからも、障がい者歯科の存続へ向けて9市町村関係者各位のご指導ならびにご鞭撻を切にお願いしてご挨拶に代えさせていただきたいと思います。

河内長野市歯科医師会 会長 藤田  進
PAGETOP
Copyright © Kawachinagano Dental Association All Rights Reserved.